霊園や墓石を生前に購入するメリット

最近では、生前にお墓を建てることを選ぶ人が増えてきているようです。生きているあいだに建墓をするのを、仏教用語では寿陵と言っています。
それでは、今人気の寿陵には、どんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

・寿陵のメリットとは何か?
まずは、自分の希望通りに霊園や墓石の選択が納得いくまで、時間をかけて行えるという点が挙げられるでしょう。
無くなった後で初めてお墓選びをするとすべて家族任せになってしまいますし、大きな負担にもなると考えられます。
無くなった後すぐに、最適な墓地が見つかるとも限りません。焦りによって妥協や不本意な選択にもなりかねません。早めに人気の霊園をチェックしておくことで、没後はスムーズに希望通りのお墓を立てることも可能になるでしょう。
・相続税対策にもなる!
お墓を建てる資金としても回せる相続する資産類には、相続税がかかってしまいます。たとえば、銀行に預けているお金や不動産、証券類といったものが課税される対象になります。
ですが、相続税がかからない例外として、生前建てたお墓を遺族が受け継ぐときには課税されないようになっています。
なので、寿陵は金銭面でも大きなメリットが得られるのです。
霊園や墓石の購入以外にも、祭祀に必要な仏壇なども、金銭に余裕のあるうちにすべて揃えておくことをおすすめします。
なぜなら、これらの祭祀用具も相続税の対象にはならないからです。
没後に急いで揃えるよりも、時間的や精神的なゆとりも生まれるでしょう。
霊園の土地の環境や管理の仕方によっては、お墓をずっと綺麗な状態で維持するのは困難かもしれません。
歳月が経過するとどうしても墓地や墓石の劣化や痛みが現れてきます。
ですから、建てられて長い年月が経過している墓地には、外観を維持するためのリフォームが必要になってくると思います。
・お墓のリフォームをする目安とは?
建墓当時とは明らかにお墓の色が変色している場合や、ひびや欠けている部分が目立ちはじめたら、リフォームを考えてもいい頃です。
また、いつ起こるか分からない地震による崩壊も防ぐために、リフォームと同時に早めに耐震施行も検討しておいた方がいいでしょう。霊園をお探しの方、霊園探しはココで選びましょう。
経年劣化に強い墓石に新しく生まれ変わらせることもできます。雑草に強いコンクリートで固めたり、外柵を強化し直せば、お墓参りの際の清掃も楽になることでしょう。
・お墓のリフォームにかかる費用
リフォームにかかる費用は施行内容にもよりますが、一般的な墓石の修復ならば10万円以内でも十分収まるでしょう。注文内容によって価格は大きく前後するので、費用を節約するためには漠然とリフォームを頼むのではなく、はっきりと細かい注文を指示するのがポイントです。
予算的にお墓全部の立て直しが難しいときには、業者に相談しながら一部分だけの改修の依頼も可能です。家族など複数人でお墓の状態をチェックしながら、本当に必要な注文を検討していきましょう。そのためにも、注文に柔軟に応じてくれる業者を選びたいものですね。

更新情報

ページ上に戻る